10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意

美しなりたい!っと考えるのは誰もが考えることですが、それを実現することに成功した人は少数となっています。
自分なりの美容対策を実践している人もいますが、それが間違っている方法では全く意味が無いのです。 20代後半でシミや小ジワの悩みが始まってしまう原因としましては乾燥肌にあるのです。
近年は若い時である高校生の頃から化粧を初める女性が増加してきているのですが、これは正直良くありません。
女性にとりまして非常に大きな悩みの一つのお肌の乾燥というのは、いわゆる老化の始まりとなります。
皮脂の分泌が比較的多い10代の場合でしたら問題ありませんが、20代半ばを超えてしまいますと肌が油っぽくなってしまいます。

 

10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意が必要です。
的確なケアを怠ってしまい、上から塗りつけることとなる様々な化粧品のほとんどは、お肌の健康を害していることとなりますので、メイクは23歳程度から始めるようにしましょう。



10代の頃というのはまだ角質層がメイクに耐えることの出来ない状態なので注意ブログ:190521

減量しているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
19時になったら、
ついついおやつに手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

わたくし自身、
19時、テレビを見ながら、
おやつをつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく運動を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
連日のようにおやつを食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
減量なんて成功しませんよね?

そこで、わたくしは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

体質は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のおやつ」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

11時食の後のデザートも、
ショートケーキやアイスなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
読者様、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
体質に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。